本文へスキップ

「生きがい」「満足」「感動」をすべての利用者へ 社会福祉法人 明恵会

先輩職員の声profile

「4名の先輩職員の声」と「職場の歩く会」を紹介します。

臼井 優樹 さん(介護職2年目)



Q1 入職はいつですか?

20224月に新卒採用で入職しました。

Q2 高齢者福祉施設のイメージは?

存在は知ってはいましたが、高校は福祉課程ではないので全く未知の領域でした。

Q3 就職してみての感想は?

入職直後は緊張の連続で、右も左も、何が分からないのかが分からない・・という感じでしたが、先輩職員のアドバイスや新人研修等を通じて徐々に仕事を覚えることができました。時間は掛かりましたが、今では夜勤もこなしています。

Q4 新人職員の教育システムはどうですか?

ご指導頂いた先輩職員が、私の仕事の習得度合を見極めながら、焦らずに次のステップへ進めてくれたことはとても安心できました。

Q5 今後の目標はありますか?

まだまだ経験が足りずに、認知症などで興奮気味のご利用者様の対応に戸惑うことも多くありますが、これからも沢山のご利用者様の生活をお手伝いして、喜んでいただきたいと思っています。


竹内 桂霞 さん(介護福祉士 介護職5年目)

 
Q1 入職はいつですか?
 
2018年11月に中途採用で入職しました。
 
Q2 全く別の業種からの転職でしたが、介護職を選択したのは何故ですか?
 
将来的に自分の両親を介護できるスキルを身につけたかったからです。
 
Q3 今年(R5年)の介護福祉士国家試験に合格おめでとうございます。介護福祉士資格を取ろうと思ったきっかけは?
 
ありがとうございます。きっかけは仕事に慣れてきた3年目頃にやり甲斐を覚え、介護職を永く続けようと思ったためです。
 
Q4 仕事と資格試験の勉強を両立させる方法は?
 
試験勉強は、仕事がある日は30分〜1時間、休みの日は2時間と決めました。私の場合、仕事の後は疲れてしまうので、早起きして勉強しました。
 
Q5 勉強時間の作り方、苦労や工夫した点は?
 
空いた時間に勉強するのではなく、勉強するための時間をあらかじめ決めました。私には短期集中が合っているので、量より質を重視して無理せずに勉強しました。
 
Q6 失敗談、反省点はありますか?
 
1度目の受験で時間を掛けて勉強したことが自分に合わなかったこと。それを踏まえて2度目では効率よく勉強ができました。
 
Q7 仕事に活かせることはありそうですか?
 
勉強したことを通して、今まで業務で取り組んでいたことでも改めて気付くことがあるので、どのように活かしていくかを考えていくことが大切だと思います。

清水 美香 さん(介護職5年目)



Q1 入職はいつですか?


2018
4月に新卒採用で入職しました。

Q2 高齢者福祉施設を選択したきっかけは?

祖母が車椅子生活をしており、幼い頃から車椅子を押してお出掛けをしていました。また、幼い頃から「おばあちゃんのお世話をする!」と祖母と約束をしてその夢が叶い介護職に就きました。

Q3 就職してみての感想は?

大変な事もありますが、やり甲斐のある仕事だと思います!
ご利用者様とのコミュニケーションが沢山取れ、昔のお話なども聞けて勉強にもなります。

Q4 不安はありましたか?

私は介護の専門学校に通っておらず、夜間高校を卒業して、社会福祉法人明恵会に就職したので、何も知識がなく、全て見様見真似で、コレで合っているのかどうかも分からず不安になることはありました。
また、初任が認知症フロアの為、どう対応していけば良いのかと戸惑う事も時々ありました。

Q5 どのようにして不安を解消しましたか?

先輩方の一つ一つ丁寧な指導や、自分の介護(移乗介助・食事介助・排泄介助など)を見てもらい、アドバイスを頂いたり、他部署の方に相談を聞いて頂いたりして不安だった事を解消しました。
また、新人研修や勉強会を通じて学び、先輩方の優しい指導・お手本・声掛けもあり、ゆっくり一つの業務を教えて頂き、徐々に仕事に慣れていき、6ヶ月程で夜勤に入ることができました。

Q6 この仕事のやり甲斐については?

ご利用者様から「ありがとう」という感謝の言葉を頂いた時は、自分にとって「この職に就いて良かった!」ととても誇りに思います。
また、少しずつ係や委員会などの役割を任せて頂いた事も嬉しく、「更に上を目指そう!」という気持ちになり、やり甲斐に繋がっています。

Q7 福利厚生はどうですか?

3月から産休を取得させてもらい、無事に元気な子を出産することができました。現在、育児休暇中です。

Q8 産休取得前の体調はどうでしたか?

体調が安定しない時期が多く、お休みする事も多くありましたが、フロアの職員さんの暖かいサポートもあり、負担の少ない勤務に就く事が出来ました。

Q9 今後の予定は?

育児休暇が終了したら、ご利用者様だけでなくご家族様からも信頼され、更に自分の経験値を上げて、育児と仕事を両立し、頼りにされる介護士を目指して、元気に働く予定です。


日暮 陽子 さん(介護福祉士 介護主任)



Q1 理想の職員像は?

家族以外で一番近い存在であること。

Q2 理想へ近づけましたか?

理想へ近づくために、私たちは今まで何を成し、これから何を成すべきなのか、そんな事を時々考えてしまいますが、実際のところ、どこまで近づくことが出来たのかはご利用者様が評価することであると思っています。

Q3 私たちの施設も24年目に突入しましたが・・・

どんな人や会社、施設にもそれぞれに歴史があり、それはとても素晴らしく尊重されることだと思います。一方で弊害もあって、長年培われてきた物事は発想の定型化・硬直化を招くことがあります。

Q4 発想の定型化・硬直化を防ぐために出来ることは何であると思いますか?

硬直した現状の概念を打破し、新しく自由な発想を展開する可能性を一番秘めているのは若い世代であると私は思っています。私たちが築き上げてきたものと、若い世代の新しく自由な発想が融合して、更なる高みに辿り着けたなら、こんなに素晴らしいことはありません。


Q5 もしかしたら共に働く仲間になるかもしれない高校生へメッセージをお願いします。

来年の春、一緒に仕事ができる日を楽しみにしています。


職場の歩く会

旅が好きな介護職員の林間トラベルさんが音頭をとって「職場の歩く会」を定期的に企画してくれています。美しい海や山、近代的な都市部など、毎回、趣向を凝らしてコース設定からグルメスポットまで入念に調べ上げ、職員間の親睦を深めています。
就職したらぜひ参加してほしい!!
林間トラベルさんのブログは↓↓
散歩ガイド (exblog.jp) 
相模原を拠点にした、様々な楽しみ方の参考になりますよ!